高脂血症や高血圧はこうして改善する!原因から方法を探る

自分の高血圧の原因を知っていますか?原因に合った改善方法をとらないと血圧は下がりません!

 

高血圧 原因

 

高血圧はその予備軍を含めると、日本全国で
4000万人ともいわれるくらいに患っている人の多い症状です。
この高血圧とは、継続的に安定して高い血圧の数値を
出す症状のことで、一般的には病気のように
思われているのですが病気ではありません。

 

 

しかし、高血圧の症状を放置しておくと、
重篤な合併症を引き起こしてしまう可能性がある
ことから、
とても危険なものだと考えて良いでしょう。

 

 

 

また、近年注目されている生活習慣病ですが、
その多くが高血圧になることで発症するとも考えられており、
このことから生活習慣病の大元であるとも考えることができます。
高血圧を放置していることで最悪の場合は
命に関わる疾患となることもあるので、
その点は充分に注意しておくと良いでしょう。

 

 

 

では、そもそも高血圧の原因はどこにあるのかと言いますと、
大きく分けると2つに分類できます。
1つは本態性高血圧と呼ばれるもので、
もう1つは二次性高血圧と呼ばれるものです。

 

 

 

本態性高血圧とは、一般的に高血圧といった場合に
意味する方のもので、原因が不明の高血圧のことを言います。
高血圧のほとんどがこちらの本態性高血圧に当てはまり、
多くの人が悩んでいると言って良いでしょう。

 

 

 

2つ目の二次性高血圧ですが、こちらは他の何らかの病気が
引き金となって高血圧を起こしているケースを指します。
つまり、高血圧を起こしている疾患を治療することで、
自然とおさまる高血圧だと言えます。

 

 

 

いずれのケースでも、高血圧には目安があり、
最大血圧が135mmhg〜140mmhg、
最低血圧が90mmhg以上
の数値を、
安定して記録するようになると高血圧と診断されるので
覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

当サイトでは、こうした高血圧についての予防法や
改善方法
などの情報を掲載していきますので、
高血圧に悩んでいる方の一助となれば幸いです。
では、当サイトでお勧めする高血圧対策を紹介しておきます。

 

 

 

当サイトがオススメする高血圧対策

 

肝パワー

 

肝パワーは長野県産のジャンボニンニク、広島産の牡蠣、
紀州産の南高梅を中心に据えたサプリメントです。
本来は肝臓の働きを助けるためのサプリメントではありますが、
高血圧にも効果があると多くの人が
実感しているといって良いでしょう。

 

 

 

高血圧に効果のある成分としては、牡蠣に含まれるカリウム、
南高梅に含まれるクエン酸、ジャンボニンニクに含まれる
ビタミン類などです。
これらの成分の相乗効果によって血圧の数値が
安定する
効果に期待がもてます。

 

 

 

きなり

 

きなりは高血圧用のサプリメントとして知られています。
魚の脂から抽出された血液をサラサラにする成分である、
DHAとEPAが配合されており、さらには納豆に含まれる
ナットウキナーゼも配合されていることから、
特に血液をサラサラにしたり、血栓を溶解する力に優れている
サプリメントです。

 

 

 

マンボウサンQ

 

マンボウサンQもまたDHAとEPAが含まれたサプリメントですが、
最大の特徴はEPAの10倍以上もの効果を持つとされる
DPAを含んでいることにあります。
希少価値のあるマンボウの肝油から抽出した成分が
サプリメントに使われており、高い効果を誇っているのが
人気の秘密です。

 

 

 

フローレスEPA

 

フローレスEPAは高濃度のDHAとEPAを
高配合していることで知られるサプリメントです。
DHAとEPAの摂取量は、厚生労働省が1日におよそ
1000mgという目安を出しているのですが、
その8割を簡単に摂ることができることで注目を集めています。

 

 

 

⇒ 高血圧の症状とはどういったものかのページに進む

 

⇒ 高血圧原因のTOPページに戻る

高脂血症を改善するために

最近はメタボ体型と呼ばれる状態の人が多くいますが、
これは皮下脂肪が多く太っている状態のことで中年以降に多く見られる体型で、
近頃は若年層にもメタボ体型の人が増えていると言われています。

 

このように皮下脂肪が増えて太る人が増えている背景には食生活が乱れていることや
食文化の多様化などが深く関係していると言われていますが、
皮下脂肪は人間にとって必要な脂肪である一方、
必要以上に蓄えてしまった脂肪は様々な病気の起因になってしまいます。

 

ちなみにメタボ体型の状態である場合に気にする必要があるのは
見た目だけでなく体中に巡っている血液の状態も気にする必要がありますが、
血液は全身に栄養分を送り届けるために必要なものであり、
血液の状態がドロドロになると効率的に栄養分が運ばれなくなってしまいます。

 

血液がドロドロになってしまう原因の一つに高脂血症と呼ばれる状態がありますが、
これは流れる血液中に脂質が増えすぎることによって血液が硬化してしまうことを言います。

高脂血症そのものが大きな病気というわけではありませんが、
血液がこのような状態になってしまうと血液の流れが本来よりも悪くなってしまい、
その作用から様々な病気に繋がってくるというのが問題となっており、
発症するリスクの高い病気には心筋梗塞や脳梗塞など
日本人の死亡率の上位になっている病気も含まれており
健康診断で症状が発覚した場合は改善する必要があります。

高脂血症になる理由にはいろいろありますが、
血液中の脂質量が増えるということからも分かるように
脂質が多い食事をたくさん摂ることによって病気が発症する確率は高くなっています。

 

ただし、生活習慣や食生活の乱れだけが必ずしも病気の原因になるというわけではなく、
元々脂質が血液中に増えやすいという体質の人もいるため、
一概に生活習慣や食生活だけが悪いとは言えない部分もありますが、
その場合は気付かずに症状が進行している可能性もあるので
定期的に健康診断を受ける習慣をつけることも大事です。